キイロスズメバチを正しく駆除|害虫をシャットアウトして安心生活

家

積極的に行われる

男の人

イタチ被害が増えている理由

イタチは、本来は自然の豊かな地域に住んでいる動物ですが、昨今では街中でも多く見かけるようになってきました。山野や野原が減ってきたため、エサやねぐらを求めて、街での生活を始めるようになったからです。昨今の住宅では、壁や屋根の中に、断熱材が使われることが増えてきました。断熱材には、ぬくもりを逃がさないようにする性質があり、なおかつやわらかいので、イタチにとっては巣作りに便利な素材です。そのためイタチは、断熱材が多く使われている住宅の天井裏などによく住みつきます。住みつかれると、住宅内の食べ物はかじられますし、断熱材も巣作りに使われてボロボロになります。

確実に駆除するためには

イタチを住宅から追い払うだけなら、たとえば害虫駆除用の煙をたくだけでも可能です。しかしそれだけでは天井裏の状態は改善されず、たとえば糞は散らばったままですし、断熱材はボロボロになったままです。さらに、煙がなくなればイタチはまた戻ってきてしまいます。そのため確実に駆除するためには、業者に依頼することが大事です。まだ食べ物などにおける被害が出ておらず、イタチを見かけただけという場合でも、業者に連絡しておくと、チェックに来てくれます。チェックの結果、住宅内のどこにも被害が出ていなかった場合、業者は念のためイタチの侵入を防ぐ作業をおこなってくれます。もちろん被害が出ていた場合には、糞の処理や断熱材の補修をして、その上で侵入経路を塞いでくれます。いずれの場合も、その後のイタチの被害を防ぐことができるのです。